スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラムネ」 視聴感想

夏のこの季節にこそ見ておきたいアニメを視聴し終えました。
スカッと炭酸が飲みたくなるアニメかと思いますよ!
それが、この作品です。
















B000BKJISO.jpg










2004年にねこねこソフトという会社から発売された「ラムネ」というゲームのアニメ版です。


とある田舎町へと引っ越してきた主人公・友坂健次は、隣人である 近衛七海と出会います。
そして、七海や、従姉妹であるひかり、先輩である多恵などとの交流を通じ、お互いの距離感が特別であることに気づき、そこからヒロインが行動を取っていく・・・といったストーリーです。


このアニメは、正ヒロインである七海ルートを基に話が進んでいきます。
健次と七海は幼馴染の関係、だけれども、ふたりの距離があまりにも近すぎるせいか、なかなか恋愛関係にまで発展していかない、もどかしい関係を築いています。
当たり前だけど気づかない大切なものを気づかせてくれる作品であると私は考えています。


個人的には、何も考えないで観ることのできる恋愛アニメだと思っています。
恋愛アニメでよくある三角関係もこの作品においては深く存在せず、幼馴染の絆の深さを魅せつけさせてくれるという、夏に飲むラムネの如く爽快なストーリー構成となっているからです。
幼馴染をこれほどストレートに引っ張っていくアニメも珍しいですしね。

そして、他の面からの感想ですが、七海役の声優である、後藤邑子さんの声が凄く甘く、とろけてしまいそうになります。
最初は凄く戸惑いましたが、慣れてくるとやみつきになってしまいます。
あと、CB400やトライアンフのバイクなど、バイクが高い頻度ででてくることも魅力だと考えています。


「半分の月がのぼる空」や、「瀬戸の花嫁」あたりの、割と純愛系のアニメ好きな方にとっては、結構楽しめる作品なのではないでしょうか。
逆に、「とらドラ」あたりの、スパイシーな恋模様が好きな方にとっては、若干かったるい印象を持たれるかもしれませんね。


ラムネ 全6巻セット [マーケットプレイス DVDセット]ラムネ 全6巻セット [マーケットプレイス DVDセット]
(2012/08/01)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト

「AIR」 視聴感想

夏も近づいてまいりました・・・
台風が過ぎ去ってからというもの、あまりの暑さに身をよじらせております。笑



さて、この暑さを吹き飛ばしたい・・・そう考えた私は、とあるアニメを視聴しました。
















eb4ea79a.jpg

が・・・がお・・・



ビジュアルアーツのゲームである「AIR」のアニメです!!!


旅人であった人形芸人・国崎往人は、立ち寄った町で、1人の不思議な少女・神尾観鈴と出会います。
彼女は初対面の往人に対し、奇妙なジュースをあげたり、海で遊ぼうと誘いさらには、困ったことがあると
「がお・・・」
と言うなど、やや奇怪な言動をとる少女でした。

なりゆきで彼女の家の居候となった彼は、さまざまな人たちと交流を深めてゆく、ひと夏の切ない物語です。






.











ネタバレも若干含んでしまいますが、ご了承いただければ・・・

















この物語が感動を呼ぶ要因のひとつは、一種の無力感であると考えています。
観鈴は、彼女の前世であった翼人が受けた呪いによって、他人と深い関係を築くことができなくなっています。
観鈴の叔母である晴子は、往人でなら深い関係を築くことができると期待しますが、中盤においてその期待も不意になってしまいます。

さらに、呪いのその影響で、終盤に身体の自由を失っていってしまいます。
往人は、自らの力をもって観鈴を助けますが、その存在は消滅してしまい、カラスに転生します。
しかし、観鈴の症状を完全に治すには至りませんでした。
このあたりで、主人公である往人は、これ以上手を焼くことができず、傍観者に徹しざるを得ない状況となります。
カラスとなった往人=そらは間接的には観鈴や晴子の手伝いをしていますが、ゲームプレイヤー・アニメ視聴者の目線としては、観鈴を直接助けてあげられないもどかしさを味わうでしょう。


過去編において、翼人の呪いを解くには、幸せな記憶を持たせることであることが判明したことで、観鈴が翼人の悲しみの連鎖を食い止めようとしているのが明らかになります。
この過去編によって、往人の存在する意義や、観鈴の病の意味がわかってくると思います。

そして現在に戻り、観鈴は往人の治療後、再び足が不自由になるばかりではなく、精神の幼児化や記憶喪失といった症状を併発していきますが、最後の台詞である
「もう、ゴールしてもいいんだよね」
にあるように、翼人の悲しみの連鎖を断ち切ることに成功しましたが、自ら命を落としてしまいます。
晴子はその前から、観鈴に対し手を打っていきますが、往人の言うとおり、夢を見てしまったことによって夭折の宿命から逃れることが出来ませんでした。
この場面で、観鈴が救われないといった見方をすることもできますが、観鈴の身体は限界を越えてしまったけれども、観鈴自身は、翼人の悲しみを解放できて、むしろ喜んで逝ったのではないかと推測できます。
しかし、周りの人々は観鈴に介入できない無力感を味わう結果となっています。
そこが切ないところでもあり、作品のシンボルともなっているところ、そして、感動を呼び起こす所以であると私は考えています。

私としては、翼人の悲しみを解放した観鈴や、観鈴との交流を通じて、他者との交流の充実感を得ることができたことで、新たな目標を決めることのできた晴子、といった点から、割とハッピーエンドだったのではないかと思っています。
これに気づくことができたことで、私の心は綺麗に洗われ、思わず涙を零しそうになりました。


話はそれますが、観鈴役の川上とも子さんの声がもう生で聞けないのが残念でなりません。
自分で好きな女性声優ランキングつけたらトップ3に必ず入るほど好きなので・・・

AIR Blu-Ray Disc Box (Newパッケージ)AIR Blu-Ray Disc Box (Newパッケージ)
(2008/11/28)
小野大輔、川上とも子 他

商品詳細を見る


頭文字D

お久しぶりです!!!!
忙しく、なかなか更新できませんでした!



さて・・・私が保育園にいた頃からリアルタイムで見ていた頭文字D・・・

ついに日曜日にフィナーレを迎えてしまいました・・・

モータースポーツに興味を持ったきっかけとなったアニメでしたので、寂しさもひとしお、しっかり終えてくれてよかったという喜びも感じています。

アニメはたまに作画崩壊してましたが・・・笑

車のCGは全シリーズにおいて妥協がなかったことが、人物の作画崩壊の汚名を雪ぐ要因ともなっておりました。





個人的には、死神GTRをR35にしてくれなかったこと、ラスボスが86でなかったことが残念でした。

ラスボス出てきたときに86出てなかったので仕方ないですが・・・笑





それでも、気分のスカッとする作品でした。

原作もあと10巻でコンプなんで、集めきろうと思います。






さて、次はオーバーレブ!のアニメ化かな!!!!

春アニメ 視聴 まとめ

春アニメが始まって2週間ほど経ちました!

私も全部ではないですが、いくつかアニメを見ました。














とりあえず
キャプテンアース
ベイビーステップ
僕らはみんな河合荘
極黒のブリュンヒルデ
メカクシティアクターズ
ブラックブレッド
悪魔のリドル
蟲師ー続章ー
それでも世界は美しい
マンガ家さんとアシスタントさんと
魔法科学校の劣等生
ジョジョ
シドニアの騎士
ダイダミラー
ピンポン
エスカ&ロジー
一週間フレンズ

あたりは見ました!



















ジョジョは安定感ありすぎて言うことなしです!
まだエンディングを聞けてないのですが、YESが継続するのか、はたまたまさかのDIOか!!!
承太郎君は久保田利伸ファンみたいなので、そっちの線もあるのかな。笑



特に印象が濃かったのが、マンガ家さんとシドニア、あとは蟲師あたりですかね。
物語の進むテンポがちょうどよくて、見飽きることがありませんでした!!
今後が凄く楽しみな作品でもあります。
おっと・・・リドルも忘れてはいけませんね。


あと、ピンポンとダイダミラーはまさにダークホースだなと感じました!!
主人公がとにかく面白い!!
ピンポンに至っては作画もシュール!
ダイダミラーは、遠藤さんの歌う主題歌もカッコよくて好きです。



キャプテンアースと河合荘は、作画が一昔前っぽくて懐かしさを覚えました。
そして、ノリがいいので楽しませてもらっています。


面白い作品が軒を連ねる一方、ブリュンヒルデとカゲプロさんは、原作未購読者にとっては理解し辛いところがあるなという印象を受けました。

ブリュンヒルデは2話で盛り返したイメージがありますが、カゲプロさんは2話次第ですかね。

でも、双方音楽は凄く凝ってましたね。
ブリュンヒルデのオープニングはデジタルサウンドの使い方が凄く好きですし、カゲプロさんのオープニングはマイケミのいた辺りの洋楽ロックを彷彿させる曲で、是非コピーしたいなと思いました!
サントラ発売が楽しみです。


そして、一週間フレンズの藤宮さんすごく可愛かったですね!!
表情の変化が自然でいいですね。







さて、最後まで視聴するのは果たして何作品あるのか!!!
期待したいですね!!!









余談ですが・・・

コカコーラ社の新商品として・・・








gn-20140416-09.jpg


こんなものが出るみたいですね!

まさかの炭酸水ですよ!炭酸水!!!

いろはす教信者歴5年目を迎える私の中で、大きな話題となっております。

是非、飲んでみたい・・・いや、必ず飲みます!!!

僕らはみんな河合荘 1話 感想

さて、春アニメが始まってきましたね。

冬アニメが全然見られなかった分、私も見れるものは積極的に見ていきたいな!

というわけで、早速いきましょう!!

今日はこのアニメを見ました!!!










kawaisou_pv05.jpg







そう・・・「僕らはみんな河合荘」です!!

高校に入学した主人公・宇佐君は、親の転勤のため、河合荘という下宿で1人暮らしを始めることになりました。

その河合荘にはなんとそこには、高校の図書館で一目ぼれした律先輩が住んでいました。

宇佐君は、散々だった中学時代は忘れて、高校生活を穏やかで充実したものにしようと、奮闘する物語です。







1話は、宇佐君が河合荘に入居するまでを扱っています。


宇佐君は、学校を帰って、下宿先の河合荘へ向かうのですが、その途中、

acd16a82.jpg







開いていた小学校の柵に顔を突っ込んでいた不審者の姿が!!

宇佐君はたまらず、その場を走り去ってしまいます。

そして河合荘に到着するのですが、部屋は1つの部屋をアコーディオンで仕切って4畳半にしたお部屋だったのです。

ということは、実質相部屋となるわけですが・・・

その相手が・・・










be5e4586.jpg



先ほどの不審者である男性、シロさんでした。

原作では、シロさんは極度のマゾヒストとして扱われているのですが、アニメでもそのマゾっぷりを遺憾なく発揮しています。

そしてシロさん、着てるシャツもシュールなんですよね。

「きりぼし大根」笑

堪らず宇佐君は河合荘を出て、友達の家に泊まろうと、河合荘のドアを開けて外に出ようとするのですが・・・

331f2779.jpg






図書館で一目ぼれした女の子が目の前に現れたのです。


名前は河合律、宇佐君と同じ北高の先輩にあたります。

作画が割りと濃いせいか、律ちゃんの表情変化が微妙に読み取りにくい気がします。

kawaisou01.jpg



原作のこのお茶目な感じの律ちゃんが欲しいなと思うんですけど、なかなか難しいのかもしれませんね。

でも、アニメの作画も2000年代前半を彷彿とさせる感じがして私は好きです。







そして、宇佐君は管理人さんとお茶をします。

d0b013b4.jpg

管理人の住子さんも、昼ドラの展開に憧れるなど、茶目っ気あるキャラクターです。

それでいて、住民のニーズに的確に応えてくれる名管理人さんです。






河合荘の生活にもなれた宇佐君ですが、ある日、魚のお使いを頼まれたシロさんを見送って散歩していたところ、川辺で酒を飲んでいるお姉さんに遭遇します。

そして宇佐はいろいろお世話するのですが・・・

eaf98277.jpg

割と辛らつなことを言われてしまいます。笑

というか、この下ネタこそ、河合荘の真骨頂とでもいえます。

その後、酔っ払っいが過ぎて宇佐君をからかい始めるのですが・・・

律ちゃんに遭遇し、本で殴られます。

それでも懲りないこの女性・・・

ce71c0bc.jpg


この体勢で手すりを滑ろうとします。

「1番 錦野麻弓!」て手を上げるところは笑いが堪えきれませんでした。

あわてて律ちゃんは止めに入るのですが、二人は階段に躓いてしまい・・・







宇佐君が下敷きになったことで、2人に怪我はなかったそうですが、住子さんからお叱りを受けてしまいます。

そして、みんなで麻弓さんの好物である親子丼を食べます。

シロさんに魚の買出し頼んでいたのに、親子丼とは、住子さんの気配りがうかがえますね。


ef3b76b0-s.jpg

最後に律ちゃんが宇佐君に謝るシーンが一昔前のラブコメっぽかったです。






アニメの作画に賛否両論あるみたいですが、個人的には、ラブコメであるならばもう少し丸くしてもよかったかなと思います。

絵柄をそのままにするのなら、ARIAのごとく、

20080312aria.jpg

akariyome_convert_20080629185940_20081011010752.jpg

こんな感じに描き分けが欲しかったなと思います。

原作もARIAほどではないですが、律ちゃんや、後から出てくる彩花ちゃん辺りには多くの描き分けがあるので、この感じあれば少しは変わるのかなと思います。



あと、律ちゃんの声優さんは、批判多いですね。

私は、原作読んだ限りでは浅川悠さんを想定していましたが、花澤さんも悪くないと思いますよ。

こんな声出せるのかと驚きました。

それよりも、主人公の宇佐君の声優がイメージと違いすぎて違和感覚えてます。

それでも、期待できそうな作品ですので、見続けていきたいと思っています。

プロフィール

愛宕

Author:愛宕
指令レベル100くらいの貧乏提督です。

ブロとも・相互リンク募集中です。

ティンときた方、是非とも!!

ブログ開設:2014/3/30

最新記事

Visitor

Twitter

Web Crap

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。